必要以上に紫外線にさらされる場合やアルコールの飲みすぎはアンチエイジングの天敵ですが、気にかけすぎると仕事や私生活に不自由が出てしまうことが多々あります。

アンチエイジング対応策をしっかり行わなくても、毎日の生活のちょっとしたアイデアで予防できます

例をあげると、自転車をこぐ、最寄にあるターミナルより一駅前に下車して歩く、歩いてお買いものに出掛ける、布団の出し入れを毎日するだったり、いつものライフスタイルの範囲内でアンチエイジング戦法は可能です。

行動することに留意して日々を過ごしましょう。

お酒を飲みたいときは?

度を越した飲酒は老化現象を促進する要因になるので、いつもは飲酒を控えていたとしても仕事の仲間付き合いとなれば拒むっていうのは困難です。

やむを得ず飲酒する必要があるケースでは、赤ワインがいちおしです。

ぶどうの皮や種も含め潰して発酵して作り上げられた赤ワインにおいては、ぶどうの種や皮にレスベラトロールやタンニン、赤い色素にアントシアニンと言った抗酸化作用が用意されています。

その場合、野菜スティックやナッツ類をお酒のお伴に選択すれば抗酸化の効用効果を引き出すことを可能にします

どちらにしろ飲みすぎについては気をつけつつもちょうど良い具合にお酒を飲みましょう。

外食でもアンチエイジング対策はできる

外食する際にもセレクトする食事メニューや味わう順番で抗酸化作用を引き出すことを可能です。

最初に、野菜サラダを摂取するとオッケーです。ローカロリーでビタミンや食物繊維がいっぱいあってあり、よく噛みしめることによって満腹中枢が刺激されて食い過ぎ抑制にも繋がります。

カロリーを少なくしたいケースでは、ドレッシングはノンオイルのほうがOKでしょう。

抗酸化の角度から言えば、ビタミンEが入ったオリーブオイルに塩コショウといった簡潔なドレッシングもイチオシです。

加えて、スープを飲むときはポタージュ系に比べてコンソメが良いです

和食ならば、野菜がいっぱい利用されている定食をおすすめします。

和食においても野菜から摂り始め、お味噌汁を少しずつ飲むことによってごはんの量がおのずと減少できます。

外食だって味わう量や低いカロリーの食事メニューをセレクトするということを留意すればフリーラジカルの発生を抑制することが可能になります。

紫外線対策の化粧水などを使う

紫外線対処方法もアンチエイジングからしたら必要不可欠であります。

屋外で数時間紫外線にさらされるケースでは、外出する直前に日焼け止めとビタミンC含有の美容液を塗り込むことを意識してください

ビタミンCがお肌の内部に貯蓄できることによって紫外線からのダメージを少なくすることができます。

飲料水や健康補助食品でビタミンCを補足することによって紫外線によって作り出されたフリーラジカルを取り去ることができます。

更には、ビタミンCの中にはコラーゲンの生産をサポートする能力もあるので、お肌のハリをキープし、老化現象をストップさせることに結びつきます。

おすすめ記事

アンチエイジングに効果がある食べ物は?