前の記事でもお伝えしましたが、フリーラジカルが起こる最大の背景としてストレスや紫外線、喫煙習慣・過剰な飲酒、排ガスがあります。

そういった物をできる限りシャットアウトさせることで、酸化の場面を少なくできます。

更には、抗酸化力をアップさせることだって欠くことができないです。

本来抗酸化力は組み込まれており、10~20代では高いのですが、年を取るにつれて活動的でなくなっていくので、ビタミンCなどフリーラジカルを除去する作用がある食べ物を意欲的に摂り入れることによって老化をストップさせることに結びつきます。

また糖化への対策法も必要不可欠です。

野菜を先に食べるだけでも、血糖値の上昇を抑制することが可能なので、ご飯を食べる順番には気をつけましょう。

質の良い睡眠をとる

就寝時は体内に取り込む酸素量が最も減少するので、フリーラジカルの出現を抑制することが可能になります

ちゃんとカラダを休めるというものはアンチエイジングに影響を及ぼしますが、質のいい安眠が要素になります。

起床から15~18時間後の方が眠気を催す時間帯と言われ、熟睡することを可能にします。

質のいい眠りができるために、規則的なリズムを改善させることが重要です。

低質な(浅い)眠りは脳がちゃんと休めて無い状況になって、老化現象を促進する素因になります。

紫外線を極力避ける

紫外線は老化現象を促進する要因となっており、お肌に対しての大敵と言えます。

紫外線によって出現したフリーラジカルは、お肌のハリをキープする真皮のコラーゲンやエラスチンを傷をつけてしまって、シワやたるみの引き金となります。

お肌のダメージを回復させる働きは加齢と共にダウンするので、紫外線の強い4~9月は当然の事、その他の月も可能であれば紫外線を回避する対策法が必須となります。

日焼け止めやキャップ、サングラスなどによって紫外線を可能な限り身体の中に入れないよう心がけてください。

適度な運動をする

人間は体を動かすことによって成長ホルモンの分泌が活性化され、筋肉や骨の細胞を回復しやすくなって、アンチエイジングにおいても効き目があります

ところが、程良い体力作りが抗酸化力を高める反面、度を越した体作りはフリーラジカルを生み出してしまいます。

運動が職業みたいな専門の選手達の平均寿命は60代と思いの外長くないケースが、行き過ぎた運動は身体への害を裏付けています。

彼らは毎日のように強力なトレーニングをし、カラダはかなりの酸素が求められる上、屋外におけるスポーツの場合は、紫外線の影響を受け易くなります。

だったら体力作りはやらない方が、活性酸素が増えずにベターなんじゃないか?と考えている方がいる可能性もありますがそうではありません。

活性酸素の9割はミトコンドリア生成されていて、細胞の中にある細胞小器官で、エネルギーを引き出す役割を果たします。

ミトコンドリアの量が減少したり、作用が良くなくなったりしたら、エネルギーの生成が上手く出来ずに、活性酸素の数が増大する結果に変わってしまいます

活性酸素を少なくするなら、ミトコンドリアの量のアップや働きのアップが欠かせません。

1日30分くらい散歩を行なうとか、無理のないぐらいにバランスのとれた体力作りをしてください。

入浴で体を温める

シャワーではなしに入浴することによって筋肉がほぐれ、ストレス発散や快眠作用といったリラクゼーション効果が現れます。

入浴では、仕事のフラストレーションや腹立たしい事を持つことなく緩やかに入浴するように留意してください。

血の巡りが改善されるおかげで不純物の放出も活発になり、入浴はアンチエイジングにおいても極めて有益といえます。

適度なカロリー制限で肥満を避ける

食べ過ぎは食物の消化にたくさんのエネルギーが求められ、かなりの量の酸素を利用する結果となります。

消費しきれない酸素がフリーラジカルと化して、老化現象を発生させてしまいます。

それに加えて、体重が増えると蓄えた内臓脂肪より、フリーラジカルを引き起こすものが多量に排出がなされて、動脈硬化が元となる脳卒中や心筋梗塞といったもの重篤な疾病が引き起こされる恐れをアップさせしまいます。

カロリーを規制して太り過ぎをストップするっていうのは、外見上のフレッシュさと元気をキープするうえで欠かせないポイントです。

おすすめ記事

アンチエイジングってなに?

アンチエイジングに効果が期待できる食べ物は?