老化現象のスピードは食事内容で管理ができるって知っていましたか。

老化現象が引き起こされる酸化をストップさせる物質が食べ物に含まれる抗酸化物質であって、活性酸素の発生を抑制して取り除くことによってアンチエイジングに結び付きます。

ではここからは、効果が期待できる食べ物を紹介していきます。

抗酸化作用のある栄養素

抗酸化作用が起こる栄養成分として、主として「フィトケミカル」「ビタミン」「ミネラル」が挙げることができます。

もう少し丁寧に言えばフィトケミカルの中においては、ポリフェノール・カロテノイド・イソフラボン・リコピン・ペクチン・カテキン・セサミン。

ビタミンではビタミンA(βカロテン)・ビタミンC・ビタミンE。ミネラルではセレン・亜鉛に抗酸化効果があります。

第7の栄養素!?フィトケミカル

フィトケミカルというのは、野菜やフルーツ、植物に入っている色素やスパイス、芳香成分、アクといったものより見つけ出された物質になります。

糖質、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素の次に第6の栄養成分としまして食物繊維があって、第7の栄養成分としてフィトケミカルに注目が集まっています。

活性酸素の排除、抵抗力アップ効果があって、その中でもアントシアニン、ポリフェノールが抗酸化力強いとされています。

フィトケミカルが含有される食材には、アサイー・ベリー類・緑茶・ゴマ・にんじん・トマト・鮭・生姜といったものがあります。

ポリフェノール

フィトケミカルの一種に抗酸化力の凄いポリフェノールがあって、そっくりの効果が期待できるものとしましてビタミンPのルチンがあります。

ルチンは活性酸素を取り除ける作用を持ち、主として蕎麦に含まれています。

蕎麦の中にはルチン以外にビタミンやミネラルもたっぷりと入っていて、血圧を低くする効能もあります。

とりわけ、苦そばとも言われる高評価の栄養価となって巷で話題のだったん蕎麦の中には一般的なそばに比べるとルチンが約100倍入っていると言われています。

ビタミンE

高水準の抗酸化力のビタミンEは、老化対策に必要不可欠な栄養成分と考えられています。

ビタミンEにおいてはグルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸からできているグルタチオンを増やして活性酸素の排除や血行活性、ターンオーバーを活発化して、お肌の新陳代謝をサポートする効果があります。

ナッツ類は老化対策に効果が期待できると言われ、特にアーモンドはビタミンEをいっぱい含むと言われています。

更には、パプリカはビタミンEの作用を活性化させると言われています。

黄色やオレンジ、赤などにおいて何とも言えない差異は生じますが、トータルでみたとしてもパプリカはビタミンCとお肌の老齢化をストップさせるルテイン、β-カロテンやビタミンC、ビタミンE、抗酸化作用の高いカプサイシンといったものが一緒になっているから栄養価の良い食べ物になります。

糖質の吸収を穏やかにする

糖質の吸収を緩和することを考えれば、食物繊維を主体的に口にするとOKです。

野菜を主体として、芋類、豆類、きのこ類、穀物といったもの豊富な原料に含まれています。

食物繊維は、水に溶ける水溶性と水に溶けづらい不溶性の2タイプに区分けされます。

水溶性は海藻、麦だったり粘り気の高い食物に含有され、不溶性は、野菜、きのこ等にたくさん入っています。

血糖値の上昇をストップさせる作用がある物は、水溶性食物繊維でありまして、とりわけめかぶやプルーンにいっぱい入っています。

めかぶには、血糖値の上昇や糖分の吸収を抑制する作用があって、美容に役に立つビタミンやミネラルも非常に多くあります。

「旬のもの」を選ぶ

旬の野菜やフルーツは栄養成分が高く、抗酸化エネルギーが強力と言ってもいいです。

旬は当然の事1年365日野菜やフルーツが買うことができますが、栄養価は旬の物には太刀打ちできません。

酸化をストップさせるうえでも、旬の物を率先して活用することが必要不可欠です。

更には、保管のやり方ひとつで抗酸化力を保持することが可能です。

野菜やフルーツの生育した環境にあうように、葉物野菜は冷蔵庫の中で立てて保管し、いも類は冷蔵庫に入れず、ニュースペーパーに包装して常温で保存することによって良いと言われています。

「色の濃いもの」は抗酸化力が強い

濃い色の物は紫外線をいっぱい浴びせられるハードな環境で成長しているから、紫外線より自分を防御する為に必要な色素をいっぱい保有しています

詰まるところ老化を促進する紫外線に反発する物質を豊富に保有していると言うことです。

色の濃いもであるほど栄養価が高いので、より鮮明な物をセレクトして口にするとOKです。

色が濃いトマトやパプリカ、ブロッコリーであったり緑黄色野菜だけじゃなく、スイカやみかん、ぶどう、鮭やカニも抗酸化力が強力と言われています。

「発酵したもの」は長期保存が効く=抗酸化作用

発酵した食べ物は長い間保存効果が高いように酸化を防御しているので、抗酸化力がっしりしたといっても問題がないです。

発酵食品は納豆、味噌、甘酒、漬物ばかりではなくヨーグルトやチーズといったものが言われています。

発酵食品は、黴菌が食べ物を発酵を行わせてつくられ、発酵させる以前よりアミノ酸やビタミンといったものたっぷりの栄養価の良好であるものが作り上げられます。

おすすめ記事

アンチエイジングってなに?どうすれば防げる?