アンチエイジングといったフレーズを耳にする機会が多くなりましたが、実際のところどういった内容を意味するのか分からない人も大勢いるんじゃないのでしょうか。

アンチエイジングは一言で言えば老化現象の速度を遅らせることです。

老化現象の速度をスローにすることによってカラダの外側も内側もイキイキした状態をキープすることが叶います。

40代というわけで断念する必要はなく、今後可能であるやり方もいっぱいあります。

ここでは、アンチエイジングに関する考えや老化現象が起こる原因、対応策というものを徹底的に紹介していきたいと思います。

アンチエイジングの本当の意味とは?

アンチエイジング(anti-aging)を日本語に翻訳すると「抗老化」「抗加齢」ということになります。

「アンチ」といったフレーズの響きより「不老不死」を思いうかべる方もけっこう多いかもしれませんが、時計の針を「ストップさせること」じゃなく「その進みを遅らせること」を指しています。

アンチエイジングの本当の意図は、外見上の加齢現象と同時に加速度的にダウンしてゆくエイジング曲線の角度を緩やかにすることなんです。

老化現象を早めるたった二つの要因とは?

アンチエイジング医学の分析においては、老化現象を促進する起因が「酸化」と「糖化」の2つの物理現象に深く関与しているといったことが明らかになって来つつあります。

加齢現象を促進する「酸化」と「糖化」とはどれほどのものなのでしょうか?

老化を早める「酸化」

老化現象を促進する要素の1つである酸化というのは、つまりはみたいなものであります。

りんごなどといったフルーツが空気に晒されていると茶色に変色しちゃうことと一緒で、人も酸素を吸い生存しているので酸化します。

酸化は、お肌の老化だけじゃなく癌や動脈硬化などといった疾病が発生する起因とも影響を与えています。

酸化の原因

【ストレス】

不安感やプレッシャー、イライラ感だったり極度の緊張感が生じると交感神経が活発化されて血管が縮まり、血流障害になってしまいます。

血行不良が引き起こされると、酸素が各細胞に巡りされないで、フリーラジカルがたくさん引き起こし易くなります

【紫外線】

加えて、お肌が強い紫外線に当たると身体の中にフリーラジカルを生じさせ、コラーゲンやエラスチンといったお肌を健やかに持続する成分が壊されてしまいます。

【喫煙・過度の飲酒】

たばこの煙の中にはフリーラジカルそのものズバリなので、抗酸化物質をぶち壊す物体が一杯配合されています。

たばこだけに限らず、過剰な飲酒もフリーラジカルを引き起こします。肝臓がたくさんのアルコールを分解出来ないでフリーラジカルの出現へと変わってしまうのです。

【排気ガス】

クルマの排ガスの中にはフリーラジカル自体含有され、身体の中に入り込むと抗酸化力を下げてしまいます。

とりわけ、トラックといった大型ディーゼルエンジンから出てくる物質は人体に入り込むと危険が多くあります。

もうひとつの老化の原因「糖化」とは?

酸化と同じ様に、老化現象を促進する条件の1つには糖化が指摘できます。

酸化はカラダの錆であり、糖化はカラダのこげと言われています。

糖化というのは、身体の中の消費し切れなかった糖分がたんぱく質と手を組む作動です。

はじめの段階の糖化だったら健康的なタンパク質に戻れますが、糖質や甘いものを食べ過ぎると糖が極端になり、AGE(終末糖化産物)といった堅固な老化促進物質を誕生させてしまいます。

AGEは、シワや黒ずみ、たるみを代表とするお肌の老化現象・動脈硬化・骨粗鬆症・アルツハイマー型認知症などといった病気の発症や増進に結び付く物質になります。

40代から出来る目元対策

頬や目元のたるみ、浮腫も老け込んで見られる原因になります。

頬のたるみは「リガメントほぐし」で向上させられることも可能。

鼻の付け根から頬骨にそってくっついているリガメントを1日2分前後上に上げて頬のリフトアップを行いましょう。

リガメントが凝り固まっているとき、始めたころはつらいが馴れてくるとほぐれて痛みを感知しなくなります。

更には、目元のたるみや瞼のむくみがきっかけとなって目が小っちゃくなり、老け込んで見られてしまいます。

対策法としまして、瞼のむくみを取る手法があります。

まぶたの血流促進を目標にしてツボの指圧マッサージや温かいタオルを目に当てることによって効き目を手に入れられて、疲れ目解決にも影響を及ぼします。

↓こちらの記事では目元クリームを使ったアンチエイジングを紹介しています。

40代主婦がメモリッチを試したガチな口コミ